歌舞伎俳優・市川海老蔵(39)の妻で、がん闘病中のフリーアナウンサー・小林麻央さん(34)が11日、ブログを更新し、鎖骨下の血管に点滴用ポート埋め込む手術を受けたことを明かした。

公開日: 

 歌舞伎俳優・市川海老蔵(39)の妻で、がん闘病中のフリーアナウンサー・小林麻央さん(34)が11日、ブログを更新し、鎖骨下の血管に点滴用ポート埋め込む手術を受けたことを明かした。 麻央さんは「腕の血管には限界を感じていましたし、ポートがあれば入れられる濃い栄養の点滴などあることを知り、タイミングを逃さないよう、ポートの手術を受けることを心に決めていました」と理由を説明。

とうとうCVポートこれがどういう意味か医療関係者ならわかります。。。これっていつの話?いよいよ在宅終末期医療の導入ですね在宅の看取り準備だね。
今更ポートするんですか?……既にされてるのかと思ってました。
>「タイミングを逃さないよう、ポートの手術を受けることを心に決めていました」ってまだポート埋め込んでなかったの?そして、家に介護ベットも用意してるんだ。在宅治療の準備もよし!なんだぁ。いちいち報告も大変ですね。退院したい気持ちはわかるけど、周りは大変です。お母さん、麻耶さんが共倒れしないようにお祈りします。在宅…麻央さんの希望なんでしょうね。ご家族の方頑張って下さい。
おっ!母の時と全く同じ!ポート埋め込んで酸素用意して自宅療養しました。なかなか大変でしたが、実際病室で一人ぽつんと居るよりは人影ある方が本人は安心でしるんじゃないかな?家族だから出来る事で回りがとやかく言うことではない!大変を大変じゃない!と言えるのが家族です。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

NEW エントリー

PAGE TOP ↑